So-net無料ブログ作成
検索選択

I’m lovin’ it [SS]

本日の妄想:イルカさんはちょっと頑固でヘンコ


一昨日夜初めてCM見ました~♪
ヴォイスで「I'm lovin' it」
ええわぁ~~~vvvvv

 

 

 

 

 

 

 

 

             ― I'm lovin' it ―

 

イルカさんは、熱中しやすい。
気に入ったらそればっかり…。
好き過ぎて、嫌にならなきゃいいんだけど。
昔、ピーターが大好きなプリン1箱を独りで食べて大嫌いになったらしい。

私が作るミートソースが美味しいって。
今まで食べた中でピカ一番だって。
だから私は月に一度、ミートソース職人と化す。
合挽きミンチ1kgと玉葱6個を使ってミートソースを作って、イルカさんのもとへ運ぶ。
お鍋いっぱいのミートソースを見たイルカさんは、心を込めてお礼を言う。
私をぎゅうっと抱きしめて、頬を摺り寄せて嬉しいなあと囁く。
リビングに招き入れるとすぐにカフェオレを注いで、ゆっくりしなよなんて言う。
それからイルカさんは口笛を吹きながら、小分けにして冷凍保存する。
月に一度の、ちょっと不思議な光景。

「パスタ、足りないんじゃない?買って来ようか?」
「いや」
イルカさんが冷凍庫を閉めながら答えた。
「スパゲティだけじゃないからな。パンにはさんだり丼にして食うから」
「え?そんなことしてたの?」
「おうよ! I’m lovein’ it!」
イルカさんが江戸っ子のように威勢良く返事した。
その声はいつもより少しドスが効いていて、どきりとした。
「ご飯の上に、ふわっふわのスクランブルエッグを乗っけて、その上にお前が作ったミートソースをたっぷりかけて…。 ああ、だめだ、涎が出そう」
私は悦に入ってうふふと笑う。
この素敵なひとの食欲を満たしているのは私なのだ。
否、正確にいえばこのひとの人間としての三大欲のうちの二つは私が支配している。
「だけど、それじゃあ野菜が足りないわ。何か野菜をトッピングしてね。スープか温野菜でもいいわ」
イルカさんが傍まで来て、私の手を取る。
「すっげえ、栄養士みたい」
「違う、当たり前の事言ってるだけ。あ、ねえ」
「ラーメンにかけるのはどう? ミートラーメン」
途端ににイルカさんの顔が険しくなった。
「ダメだ!絶対ダメ! ラーメンはラーメン! ミートソースはミートソース!」
なんなんだろう? このこだわりは? 
ご飯に乗っけて食べるくせに…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント(1) 
共通テーマ:アニメ

コメント 1

ねね



緋桜さん こんにちは♪
ご来訪とコメントをありがとうございますv
レスが遅れて申し訳ございません!

ミートうどん?本当にあるの?知らんかったわ~!
そういえばラーメンの麺をうどんのだしでいただく「黄そば」というのも流行ってるんだとか…
なんでも商売になるんですねえ(笑)
ピーターのお話は本当ですよ。昔、TVのトーク番組で言ってました。
大好きな●ウスプリン1箱を作って全部ひとりで食べて大嫌いになったって(笑)
ミート丼、ミートドッグは娘達が考案しました。
ドッグの方はチーズと卵も入れて軽くトーストします。
休みの日のブランチにピッタリ!
お陰で私は二度寝できます(笑)

何事もほどほどがイイですね。
私も働きすぎに注意しようと思う今日この頃です(苦笑)
お忙しいなかを読みに来てくださって、本当にありがとうございます!






by ねね (2010-06-02 14:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。