So-net無料ブログ作成
検索選択

武運 [SS]

本日の妄想というか希望願望切望:イルカ先生は絶対大丈夫!木の葉の素敵忍は皆大丈夫!

 

46号でカカシに救って貰って負傷者を運んだものの、やはり戦線へ戻るイルカ先生。
木の葉崩しのときはアカデミーの子供を避難させてましたが今回はその余裕も無いのか休校なのか。
カカシは苦戦を強いられてる模様。来週どうなるんだろ?
カカイラーねねとしては例に洩れず祭りだワッショイ ビバ!46号だっただけに、不安が募ります。
・・・・・・・・・・・・・・・怖いよう・・・・・・・・・・・・


今更ながらカカイラーを主張するバナーを貼らせていただきました♪
ついでにトニーレオン氏応援同盟もv 赤壁観に行きたいな~vv

 

素敵大人忍友情出演で本日の妄想とは関係ないワケのわからん妄想駄文になりました。
先に謝っとく、ごめん;;

 

 

         ― 武運 ―

「運なんてもん、どうにでもならぁな」
とアスマ上忍がよく響く低音でぶっきら棒にそう言ってジッポーを使う。
「此処じゃソレ、不味いでショ」
注意されたアスマ上忍が小声で悪態を吐いて、点けたばかりの煙草の火を揉み消すのを見届けると、
カカシ上忍は私に向かって隠されていない左目を細めた。
「そ。どうとでもなるもんよ?」
「そうですか…」
「そ。ピンチがチャンスに変わったりして。大丈夫。あの人どっちかというとツイテル方だから」
力なく笑う私にそう言って、一層優しく微笑むのが口布の動きでわかる。
「俺たちゃ忍だからな、修羅場には強い筈だ」
アスマ上忍は首をぐるりと回して天井を見上げる。
「…カカシ、そろそろ時間だ」
「ああ」
私はカカシ上忍が手甲をはめ直すのをぼんやりと見つめた。
「アスマ上忍、カカシ上忍、ご武運をお祈りします」
「ああ、お前もな」
「ありがとね。キミも頑張りなよ」
木の葉が誇る色男は、ウインクでも投げて寄越しかねない立ち居振る舞いで部屋を出て行った。


すぐに入れ替わりにゲンマ特上とアンコ特上とライドウ特上が入って来た。
「うわあ!嬉しい!」
アンコ特上が得意顔で甘栗甘の包みを見せるので、私は感嘆の声を上げた。
「うふふ、食べたかったでしょー?お持たせだけど…じゃあご相伴に預かりますか」
一人二役で台詞を言ってニシシと笑ったアンコ特上は、嬉しそうにお茶を用意する。
「あ、あの…これ、みんなから…」
ライドウ特上が頬を紅潮させ緊張した面持ちで花束を差し出す。
「ああ、なんて綺麗! ありがとうございます」
「ナニ照れてやがんだ?あ?プロポーズの練習でもしてるつもりか?」
「ち、違うよ!」
忙しげに千本が揺れる。
ライドウ特上をからかうゲンマ特上の眼差しが一瞬険しくなった。
「今、何分間隔だ?」
「まだ不規則です。5分くらいになったり遠のいたり」
「今のうちに体力つけときなさいよ。はい!アンタにはきな粉のをあげる」
既に三つ目を頬張るアンコ特上が、お茶とおはぎを勧めてくれる。
「…つか、花束って普通、もっと後だろ?」
「仕方ないじゃないの、みんな忙しいのよ。あたし達もコレ食べたらもう行くよ」
なんだかずっともじもじと落ち着かないライドウ特上と何が可笑しいのかニヤニヤ笑うゲンマ特上を
急き立てるようにアンコ特上が早口でそう言った。
「ありがとうございます。みなさんもどうかご武運を」
アンコ特上の言葉通り、お茶を流し込んだあと、三人はバタバタと急いで出て行く。
「…頑張って!」
一旦外に出てすぐに戻って来たライドウ特上が、私の手をぎゅっと握った。

私はおはぎを咀嚼しながら時計を見遣る。
イルカさんは無事に帰るだろうか?
無事に帰って間に合うのだろうか?

突然、ドアが勢いよく開いた。
疾風のように緑色のジャージを来た濃い人物が現れる。
「気分はどうだい?ん?なんだ?ひとりじゃないか?イルカはまだ戻らないのか?」
「はい。…運がよければ間に合うだろうって…」
「なに、間に合うさ。アイツは運がいいからな」
ガイ上忍は私のお腹めがけて大声を張り上げる。
「未だだぞー!まだ出てくるなー!イイコだから父が戻るまで待つんだー!」
・・・・・・・逆に早まりそうな勢いだ。
固まっているとモニターを付ける為に医療忍が部屋へ入って来た。
「ハハハ、いよいよだな、頑張るんだぞ!」
ガイ上忍はビシッと親指を立てると、礼を言う間もなく来た時と同じように疾風の如く立ち去った。


賑やかだった部屋にモニター音と心音が大きく響く。
次第に強くなる痛みとともにモニターの針が大きく振れる。
堪えきれずに呻き声を洩らしていると突然に痛みが遠のく。
少しづつ、その間隔が短くなる。


痛みに耐えている最中にまたドアが開いた。
顔中に疵がある大男が私を見下ろす。
「ううっっ!」
思わず声を洩らす私を拷問のスペシャリストであるイビキ特上が嬉しそうに見下ろす。
「痛いだろう?痛くて堪んねえだろう?」
「…はい…あううっ」
「お前、イイ顔して痛がるなあ」
何故そんなに嬉しそうに笑うのだろう?
私は骨盤が割れるかと思うほどの痛みに耐えているというのに。
モニターの記録紙をちらりと見て、イビキ特上は子供のような顔で笑う。
「この痛み、済んだら忘れるそうだ。だから辛抱しろよ」
大きな手で腰を摩って貰うと随分楽になる。
ボタンを押して何か言ってくれているようだけど、酷い痛みに耐えるのに精一杯だった。
すぐに医療忍が二人やってきた。
「分娩室に移ります」


運がよければイルカさんは間に合うという。
運ってなによ?なんとかしてよ。
なんでよりにもよって、こんな時に拷問部隊の隊長が傍に居るのよ?
笑えないわよ。
イルカ!イルカ!あえて呼び捨てにするわ。イルカ!!
すぐにここに来てよ!
拷問部隊長と換わってよ。
なんだってこんな日に任務になるのよ?
ああああ!腹が立つ!
こんな日に任務に就かせた火影様も妊婦の前で煙草を吸おうとしたアスマ上忍も腹が立つ!
早すぎる花束にも腹が立つ!
堪えきれないほどの痛みに、八つ当たりのような憤怒の感情が渦巻く。
りきみたいのに我慢しろと云われてフラストレーションが溜まる。
そして突然、痛みが去る。
次の波が来るまでの短い時間、瞑っていた目を明けると、覗き込むイビキ特上がにっこり笑った。

「イルカが戻ったぜ」
目だけ動かすと部屋の隅でイルカさんが特殊な服を着せられているところだった。
出て行くイビキ特上にイルカさんが礼を言う。
「ごめんな。心細かっただろ?もう大丈夫、オレが傍に居るから。一緒に頑張ろう」
なに言ってるのよ?痛いのは私だけじゃないのと言おうとしたけど、次の波がやってきた。
「全開です」
「ハイ、じゃあ、りきんで!お臍を見るようにして。そう、上手。その調子!」
イルカさんが涙を浮かべて私を励ます。
爪が食い込むほど手を握り締めて、「凄いぞ上手だ完璧だ」と頑張る私を褒め倒す。
波が来る度にりきむこと数度。
「頭が見えました」
という言葉を聞くなり、イルカさんは足元へ移動した。
ちょ、ちょっと待って。ある意味、今一番辛いのよ。
なんでそっち行くのよ?
夏場の犬のような息をする私を放って、なんでそっちへ行くの?

臍の緒を切るためだったそうだ。
そんなことも後になってから聞いた。
私は大仕事を終えて呼吸を整えようと努力する。
赤ん坊の産声とともに大の男が大泣きしている声が聞こえる。
やだ、誰? え? 嘘! イルカさんが泣いてるの?
涙でぐちゃぐちゃになったなったイルカさんを見ると、泣いているのに顔は笑っていた。
「ありがとう、ありがとう」
と何度も礼を言って男泣きしている。
胸の上に生まれたての赤ん坊を抱く。
生まれたのは女の子の双子だった。
これがイルカさんと私の子供。
世界一の宝物。
「オレって運が良いよなあ。こんな素晴らしい子達の父親だなんて。その瞬間に立ち会えたなんて」
イルカさんはタオルでごしごしと顔を拭いた後、とびきり優しいキスをくれた。

 

 

 

                                  ハイ、スミマセン;;
Best Fatherの続きというか途中というかそんな感じです
  
安全で幸せなお産が出来る国になりますよう願って止みません

 


 





 

 


コメント(3) 
共通テーマ:アニメ

コメント 3

ねね


緋桜さん こんにちは いらっしゃいませ~♪

うわ~っ!感動してくださったなんて嬉しいです!
そうなのvイルカ先生の不在を気にかけて仲間が続々と激励に来てくれるのv
イビキのシーンに一番気合が入った私を許してください(笑)
今回イルカ先生は影薄いですね(爆笑)

金城氏も格好イイですよね~♪
赤壁、CGのことばっかりで俳優陣の豪華さが話題にならないのが残念です。
うん!私もレンタルやケーブルTVで楽しむ賢明な主腐ですよ(←モノも言い様)

本日はご来訪とコメントをありがとうございましたvv


by ねね (2008-10-25 17:44) 

ねね



ケイさん こんにちは いらっしゃいませ~♪

最近、赤ちゃんと触れ合う事が多くてねvいいお話と言ってくださって嬉しいです!
赤ちゃんって無条件で可愛いよね~vvもう何もかも新品で(←当たり前!)
大事そうに埃握ってるし(笑)一人前に欠伸するんだけど歯が無いし(笑)

ケイさんのご希望方法は自宅出産だとそのスタイルですよね。
友人が三人目を自宅出産したのですが、病院よりずーっと楽だったって。

アスマ、見かけによらずナイーヴな処あるから、煙草で落ち着こうとしたんだよ(笑)
だからあんまり厳しく叱らないであげてね。

本日はご来訪とコメントをありがとうございましたvv


by ねね (2008-10-25 17:54) 

ねね


金鳳花さん こんにちは いらっしゃいませ~♪
お忙しい中、読んでくださってありがとうございます。

うわ~vご主人様、立ち会われたんですか!いいなあ!
ウチは二人とも里帰り出産だったので、私が苦しんでるところをちっとも見ていません。
ママ友達は殆ど立会い&臍の緒カットをされてるので羨ましいんですよぅ;;
だから駄文で夢を果たしてみました(笑)

書き始めはね、wjの影響をモロに受けて、『戦闘絡みでヒロイン入院中イルカは行方不明』的な話で…書いてるうちに落ち込みました。
で、やっぱりイヤン!と方向転換♪訳のわからん駄文になったのでした(笑)
多分、私、滅茶苦茶安心したいのだと思います・・・

コメントをありがとうございましたvv


by ねね (2008-11-11 13:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。