So-net無料ブログ作成
検索選択

そうめん(七夕記念SS) [SS]

本日の妄想:イルカ先生はラーメン好きで有名だが、色つきの素麺も割りと好き♪ 
だったら可愛くていいなあvv

の妄想駄文です。一応七夕記念。
前頭葉萌え駄文でもあります(←まだWJ30号を引き摺って生きています;;)

それにしても、暑いですね~;;

どなたさまも 体調を崩されませんよう どうぞご自愛くださいませ~[晴れ]

 

 

      ― そうめん ―

 

お中元のお福分け…と実家からクール便が送られてきた。
一番最初に目に付いたのは素麺のセット
他には、穴子とハム、ビール・ジュース、オイルに入浴剤まで。
ママったらもう…と顔が綻ぶ。
同封されていた封筒には、私を案じる愛情溢れる言葉と共に、追伸として
いつもの決まったあの一言が綴られていた。
ああ、でも、こればっかりはねえ… と 思わず溜息が洩れる。

 

次の日、仕事を終えるとダッシュで帰宅して、素麺と穴子とハムとビールと入浴剤を鞄に詰めて
お気に入りのサンダルを履いた。
大急ぎでなんだかわからないけど前に預かっていた鳥の形をした紙に用件を書いて手を高く掲げたら
すぐに中型の鳥がやってきてあっという間に紙を持ち去った。
あんなので本当に伝わるのかしらと思いながらも、
先週も先々週も約束がふいになっちゃったんだからいいわよねえ なんて
言い訳みたいなことを考えながら、いつもより華やかな商店街を歩いた。

蒸し暑い商店街も、6時近くになると 時折 涼しい風が吹き抜ける。
昼間の熱風とは違う涼風は、既に日陰になった路地に打ち水されたから。
どこかの家の風鈴が心地よく響く。
さらさらと、七夕の笹の飾りつけが風に揺れていた。



余程急いでいたのか、パジャマは丸めたままだし新聞も広げられたままだった。
苦笑しながら、洗濯機を回して、晩御飯に取り掛かる。
穴子寿司と色つきの素麺 ― ビバ!炭水化物
イルカさんにツッコまれたら、そう言って誤魔化そう。

「ご、ごめんな、散らかってたろ?」
陽に焼けたイルカさんが元気そうに帰って来たのは夕闇が迫る頃だった。
私はばりばりに糊をきかせたパジャマを畳んでいるところだった。
久しぶりねと言う私をイルカさんは遠慮がちに抱擁する。
「式、使ってくれたの初めてだな。簡単だったろ?」
「あんなので本当に届くの?不思議ねえ」
イルカさんは笑いながら頷いて額宛を外した。
「汗臭いから先に風呂入っていいかな?」
「どーぞ、入浴剤持ってきたの。良かったら使って」
オーシャンブルーって聞いたことねえぞ何なんだ うわースースーするぅー 
とか言う独り言が聞こえた。

冷やしておいたビールで乾杯して、夕飯を一緒に食べる
これって乙女が夢見るデートなんかとは程遠いけど、嬉しい。
髪を解いたイルカさんを見るのも嬉しい。
「炭水化物ばっかじゃねえか」という予想通りのツッコミすら嬉しい。

「何よー?選ってるの?子供みたい」
笑う私にイルカさんは真剣に答える。
「だって、色つきの素麺って嬉しいじゃん」
そうねともう一度笑って、ピンクとグリーンと白の素麺を啜る。
お腹からひんやりと冷えていく。
「ああ、なんだかほっとするなあ」
そう言ってイルカさんは、嬉しそうに微笑んだ。
男の人がほっとしてくれて嬉しいなんて思ったのは初めてだった。

「おかあさんになにかお礼しなくちゃな」
イルカさんが不意にそう言うのでびくっとしてしまった。
「・・・いいよ、別に」
「だって、こんなに色々、お福分けのお福分け、貰ったんだから」

ああ、いっそ 私のことも 貰ってくれたらいいのに

なんてことは口が裂けても言えない。言わない。

 

泊まってけよと少し寂しそうにするイルカさんをじっと見つめる。
脚を伸ばして壁に背を凭せ掛けて座るイルカさんも、私をじっと見つめる。
「今夜、七夕なんだよ?」
何か、意味を含めた静かな笑みを湛えたイルカさんが諭すようにそう言った。
私はじりじりとイルカさんに詰め寄って、脚の上に跨って座った。
お尻の下の濃紺のスエットの下の筋肉が硬くなる。
「七夕ね?」
「そう、年に一度きりの七夕」
イルカさんの指が私の顎に触れる
私の指がイルカさんの綺麗な額に触れる。
膝立ちになって、とても美しいM字型の生え際にゆっくりとくちづけた。
Mの字を書くのと同じ順番に、ゆっくりとくちづけていった。

賢いイルカさん
イルカさんの知性と理性が詰った前頭葉が私は大好き
賢いからなんだって解るわよね?
「笹飾りも短冊も無いんだぜ、せめて一緒に居ようよ」
珍しく甘えるようなことを言う。
「久しぶりに逢えたんだし」
イルカさんの言葉を聞きながら、眉間にくちづけて続けて鼻疵にくちづけた。
その声をすぐ傍で聞くのは心地良くて大好きだ。
私はうっとりとしたまま、立ち上がって、帰り支度を始めた。



「パジャマに着替えて眠ってね。糊ばりばりに効かせてあるから」

しょげかえるイルカさんに、サンダルを履きながら私は静かにそう言った。
「ホントに帰んのか?」
「うん、明日は早朝会議があってね、急いで帰ったから資料作る作業がまだ残ってるの、だから…」
言い訳をした後、真っ直ぐにイルカさんを見据えて挑むように言ってみた。
「また、デートしてね?」
「お、おう!デート、するよ、しような!」
物凄い気合の入れ方だった。
イルカさんはキスしたそうにしていたけど、私はにっこり笑ってそのままドアを閉めた。



 

これがせめてものママへの礼儀。
貴女の娘は、それなりに貞操を守っています。
イルカさんが一番私を大切にしてくれる男性だということは解りきってる事だけど。

今夜、イルカさんは苦しむだろう。
逢えたのに交わえない矛盾に身を焦がすだろう。
陽に焼けた皮膚に、ばりばりに効いた糊が痛くて苦しむだろう。

乙女の苦しみが、そんな程度のものでない事を思い知るがいい。

常識とか世間体とかそういった荒ぶる川を越えてこそ
初めて真実の愛を勝ち取れるという事を知るがいい。

 

賢いイルカさんはもう気づいている筈だ。



 

―― 天の川を渡って、今夜、二つの星が出逢う

 

 

 














 


コメント(5) 
共通テーマ:アニメ

コメント 5

ねね


緋桜さん いらっしゃいませ こんにちは♪

色つき素麺は、昨夜の我が家の晩御飯でした♪
+黄色で昔より色つきの量も多いので喧嘩になりませんでした。
でもね~、食物バトルにゃ年上年下関係ねえっすよ(笑)
糊ばりばりパジャマは、夏休みに海で泳いだ日の夜とか「なんでこんな日に~!?」と昔、母に当たったものです。背中、メッチャ痛かったもの!
夏休みが近づくと子供の頃を思い出します・・・;;

うふふ 「やっぱ、遅いし送ってくよ」とイルカ先生は
あの例のサンダル履いて走って追いかけて来るんですよ~vv
何気につづきがあるかも・・・?(笑)

コメントありがとうございました。
どうぞお元気でお過ごし下さいねvv



by ねね (2008-07-08 15:10) 

ねね


金鳳花さん いらっしゃいませ こんにちは♪

アハハ、だって夜道をひとりで帰すわけ無いよ、木の葉の漢だもん~vv
でも送るだけ。一晩がっかりして落ち込んで貰います。
脳みそフル回転で将来見据えて腹括る覚悟を決めて貰います。

30号のデコ見たら、そろそろオトコとしてけじめをつける頃じゃ?と
思わずにはおれません。発売当日は嬉しさMaxで気付かんかったけど、
ナニあの落ち着きようは?(苦笑) カカシより年上に見えたわ;;
一般人ヒロインの母からみれば、心配でしゃーないでしょうね。

コメントをありがとうございました。
あ~もうすぐ夏休み始まっちゃいますね~。
ご家族ともどうぞお元気でねvv




by ねね (2008-07-08 16:48) 

ねね



かえでさん ようこそいらっしゃいました♪
コメントをありがとうございますvv

疲れてるとね~、ご馳走より炭水化物が一番美味しかったりするの(笑)
炊きたてご飯より冷めたおにぎりが美味しかったりするし(←貧乏臭っ;苦笑)

30号読めば読むほど妄想や邪推が止まりません;;
既に妻帯者になってる可能性も無きにしも非ず…
だってウインクなんて出来るような器用な漢じゃなかったと思います;;
いつの間にそんな垢抜けたん?ちょっとどんくさそうなとこも好きやったのに…
ま、それはそれで、妄想の火種になるからいいんですが(爆)

お天気が安定しませんね。
お疲れが溜まりませんように、ご自愛下さいねvv







by ねね (2008-07-10 08:43) 

ねね


ケイさん ようこそいらっしゃいました♪
コメントをありがとうございますvv

たまには、忍の字の日があってもイイでしょ?(笑)
欲しがるがいい どろどろになるほど 焦がれるがいい  真実がみえるから

昔、彼氏(=現旦那)との婚前旅行直前「ねね、お行儀よく…ね!?」
と彼氏(=現旦那)の目前で実母に釘をさされました。すぐ抜けた釘だけど(笑)
親は娘の幸せを願って止まないのだということを、娘を持ってやっと気付きました。
結婚となればホレたハレたと二人だけの問題じゃないですからね。
いろんな意味で荒波を超えて迎えに来てくれる漢気を持ってもらわんと…
腹括れよ なんてことを実弟に感じる今日この頃でございます(思い切り私情)

あ、自己申告します ― 私 B型みずかめ座です(爆)
オレ達、もう他人じゃないって言ったろ?(←夢魂のイルカ:笑)

ちょっとオフがバタついています。落ち着いたメールさせて貰います。
そちらは梅雨が明けて毎日暑そうですが、どうぞご自愛のほどvv









by ねね (2008-07-10 09:05) 

ねね


あっきいさん こんにちは♪

じゃがいもは日持ちがするし、使い勝手がいいので戴くと嬉しいですよねvv 
しかもメロンも?もしやご主人のご実家って北海道?いいなあ!

ホント、親ってありがたいですね。いくつになっても子は子供のままなのかも。
「手は放れても眼は一生離せない」などといいますものね。
元気で長生きして欲しいです。
・・・・そう思うとイルカ先生、寂しいだろうなとか思っちゃいます。
親孝行したかったろうなと思うと、すごく孝行しそうな人だから余計切ないです;;

コメントありがとうございましたv
どうぞ楽しい週末を・・・・







by ねね (2008-07-12 09:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。