So-net無料ブログ作成
検索選択

鬼払い [SS]

本日の妄想:イルカ先生の免疫力・抵抗力は最強!の駄文です。風邪の季節ですね。
どなたさまも風邪のみならず「冷え」から来る万病(未病)にお気をつけを…

 

       ―鬼払い―

 

絶え間い寒波の襲来で、里内は性質の悪い風邪が流行っていて、幼少クラスは学級閉鎖。
アカデミー教師にも感染して休んでいる者も数人いる。

夕刻にはまだ早い『人生色々』には人影もまばらだ。
妙に手が空いたイルカさんは、あちこちで便利遣いされていて、忙しい筈なのに。
「赤っい顔して、昼間っから酒でも呑んだか?」
受付に座ったばかりの私のところへ、イルカさんがそんな軽口を叩きに来た。
「呑むわけないじゃないですか、もう…」
むっとして見上げると、思いのほか心配そうな眼差しにどきっとしてしまう。
慌てて視線を逸らして、受付印の日付を確認するふりをして誤魔化した。
「……受付、替わってやろうか?」
ほんの少し、声のトーンを下げて尋ねられたので、ぶんぶん首を横に振る。
「大丈夫よ。ほら、温かい空気は上がるでしょう?冷えのぼせしてるだけですから」
いつかイルカさんが好きだと言ってくれた頬の筋肉を酷使して満面の笑顔を作った時、
どやどやと忍たちが任務から戻って来た。
イルカさんは肩をすくめると、何も言わずに出て行った。

ピークが過ぎた頃、イルカさんがまたやって来た。
「ほら、足元あったかくしときな」
手渡された袋の中身は、フリース素材で出来た色鮮やかな水玉模様の膝掛けだった。
「…わざわざ買いに?」
「給料前でもコレくらい買えるわぃ!」
照れ隠しか怒ったようにそう言うと、イルカさんはぷいと背中を向けて歩き出した。
「あ、ありがとうございます!」
慌てて叫ぶ私の声に、振り向かずに片手だけ上げて歩調を緩めない。
後ろから見えた形の良い耳は真っ赤だった。
膝の上に広げた水玉模様は、初夏を思い出させる。
なんだか気持ちまであったかい。

受付が終了する直前に、またまたイルカさんがやって来た。
「今夜はお前ん家で鍋しような?」
「はい、お奉行さま」
イルカさんはハハハと笑うと「じゃあ、あとで」と言って出て行った。
窓の外はみぞれが降り続いている。

 

「やっぱ、ポン酢は旭が一番旨ーいっ」
湯気の向こうでイルカさんが微笑む。
「今度の日曜、豆まきだな。火の寺って行った事ある?」
口の中が熱々の白菜でいっぱいの私は、頷いた。
「アカデミー教師には特別任務が入るよ」
意味有り気にイルカさんの口角が上がる。
「節分が済んだら立春だもんな。寒いのもあと少しの辛抱だ」
「春になるとイイコトあるんですか?」
「そりゃ春になるんだぜ。イイコトあるに決まってるじゃないか」
にっこり笑い、自信たっぷりに言い切る前向き漢。
髪を結い直すと、熱燗のおかわりにキッチンに立つ愛しいひと。
なんだかぼーっとしてきちゃった。

「こら!こんなところで寝ちゃ風邪ひいちまうぞ」
座椅子に凭れたまま、いつの間にか眠ってしまったみたい。
気付くと炬燵の上はすっかり片付けられていた。
「つーか、お前もう風邪ひいてるだろ?」
そういわれればそうかもしれない…なんて情けない。
「違う、風邪ひきかけてるだけ」
見栄を張ってそう言ったけど、確かに喉が痛くて自分の声が遠くに聞こえる。
私の言葉にイルカさんは大袈裟に嘆息した。
「何言ってやがる。今夜は泊まってやるから、安心して眠れ。明日になりゃけろっとしてるから」
嬉しい。嬉しいけど。
「一緒に居たら、イルカさんにうつっちゃいますよ?」
「オレは大丈夫! あっ、そうだ」
イルカさんはポシェットの中から小さな袋を取り出した。
「ちょっと早いけど、お前んちの鬼払いやっとこう」
そう言うが早いか、立ち上がると窓を全開して大声で叫びながら豆を撒いた。
「鬼は~外~! 福は~内~!」
うっわー、恥ずかしい。私は炬燵の布団に顔を埋めた。
―近所にどう言い訳しよう?節分は明後日なのに?しかも夜更けにこんな大声で?
窓を閉めるとイルカさんは振り向いて、満足気にニカッと笑うと鼻疵をぽりっと掻いた。
「これで大丈夫! どんな疫病も厄もやっつけたぞ。な?」
なにが「な?」なのよ…
「さ、今日は早めに寝ちまおう。知ってるか?10時迄に寝たら免疫強化ホルモンが出るんだぜ」
ああ、なんて元気なひとだろう。
本当にウイルスやバイキンが逃げ出しそうな勢いだ。
「早く来いよー」
寝室からイルカさんが嬉しそうに呼ぶ。
「わかってる。おふとん、あっためといて」
私はそう言ってだるい身体とよっこらしょと起こすと、洗面所へ向かった。
鏡を見ると熱の上がり際なのか、顔が赤くて目が潤んでる。
化粧を落として、歯を磨きながら考える。
もし、もし、いつもみたいに寝かせてくれないようなことになったら、赤鬼になって大暴れしてやる。

   

                              どっちが鬼なんだか(笑) 
                              節分には近くのショッピングセンターに                                                                                      ナルトが豆まきに来るんだよ~ん♪  

 

 
コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。