So-net無料ブログ作成
検索選択

カレーライス [SS]

本日の妄想:アカデミーの行事がハードな日のイルカ先生の夕食はカレー。
スパイシーな辛さで、やる気アーップ♪

     

        -カレーライスー

汗でずくずくになった忍服を脱いで、鍋に水と塩を入れてコンロに火を点けた。

枝豆を茹でよう。早くビールが呑みたい。

シャワーを浴びたら下着姿のまま、扇風機の前で涼む。

茹でたての枝豆と良く冷えたビールが五臓六腑に染み渡る。

アカデミー生の野営演習は相当キツイ。

去年はナルトと木の葉丸の班が行方不明になってしまって大変だった。

自来也様と修行の旅に出たナルトは、無茶していないだろうか?

つらつらと思い出したり考えたりしながら呑んでいると、ドアがノックされた。

「イルカ先生、こんばんは」

「テンテンじゃないか、演習の手伝いご苦労さんだったな」

「イルカ先生こそ、お疲れ様。 鼻の天辺が日に焼けて光ってるわよ。
それよりこれ、しっかり食べろってガイ先生からの伝言。じゃあ、おやすみなさい」

きりりと髪を纏めた少女は、そう言うと屋根の上を跳ねて行った。

ガイ先生特製の激辛カレーは疲れた身体に喝を入れてくれる。

年に数度、こうやってテンテンが届けてくれる。

タッパーに入ったカレーを温めながら思う。

お心遣い嬉しいですよ、ガイ先生。

だけど、嗚呼

オレ、嫁さん、いや先に彼女か、

どっちでもいいから、早く欲しいっすよ……



 

                                  完全フリー イルカ先生の心の叫び(笑)

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。