So-net無料ブログ作成
検索選択

ぬくもり (イルカサイド) [SS]

夕方からめっちゃ晴れましたよん♪
サングラスかけて車で明石へGO!
明石焼きを食べに行きました。
関東の人はこういう粉モンが夕食になるのが信じられないらしいですね。
関西ではフツーです。フツーに立派に晩御飯です~~♪

それでは、イルカサイドの駄文をどうぞ。

         ーぬくもりー

     

背中が重い。肩口がシクシクする。
― やっぱりな。思ったとおり、雨だ。しかも嵐ときた。
急な天候と気温の変化が好きじゃない。
静かな雨なら情緒があるけど…
こんな日は早く家に帰って、ゆっくり風呂に浸かりたい。

「この件に関しまして、これ以上の革新的な意見が出ないうちは議論の余地がないかと思われます。次回会議までに其々でより良い具体策を打ち出すという方向で…」
いつもは長引く会議なのに、議長を務めたくのいちで一声で一変した。
のらりくらりとした会議にならなかったのは、彼女の的確な進行のお蔭だ。
仕事ではテキパキと厳しさすら感じるのに、彼女のチャクラは独特の柔らかさを帯びている。
癖の無い素直な性質のチャクラ。
いつの頃からか、彼女の柔らかなチャクラを探っている自分に気付いた。
― 惚れたのかもな…
若く見えるがオレと年はそう変わらない。
医療も使えるくのいちがアカデミーに採用されたのは二年前。
少しハスキーな声 笑うと垂れる眼 横顔の額から鼻にかけてのライン 全部好きだ。
彼女の好みの食べ物、音楽、癖…なんでもいいから知りたくて、
同僚として雑談に加わる時、思春期の坊主並みの好奇心で全神経を研ぎ澄ます。
そう思ってるのはオレだけじゃなく、何人かが彼女に好意を持っているのは明らかだった。
そして奴等は皆、誘っては断られているらしい。
「好きな奴、いるらしいぜ」
フラれた同僚が酒に酔って言ったのを覚えている。

仕事デキるんだな、彼女…
改めてそんな事を思ってると、アカデミーの出口で恨めしそうに空を睨んでる彼女を見付けた。
傘を持ってないなんて、案外ボンヤリさんなんだなと口元が綻んでしまう。
いや、待てよ、こりゃチャンスかもな? ダメで元々、当たって砕けろ!だ。
オレは彼女に傘を差し出す。出来るだけ平常心を装って…。

あっさりと承知されて相合傘で歩く。
沈黙していても話していても、心地良く感じる女性は珍しい。
だから、無理には会話の糸口を作らず、隣にあるチャクラを感じ取りながらゆっくりと雨の中を歩いた。
自宅に着いた頃には西の空が空けていたから、お茶でも…とダメ元で誘ってみたら、
意外な事に彼女はこくんと頷いた。
そのしぐさが可愛くて、オレはだらしなく笑っていたと思う。

コーヒーを淹れて彼女に勧める。
ああ、彼女がオレの部屋に来ている。
そう思うと、閉め切っていた部屋の生暖かい空気が薄いように感じる。
窓を開けて深呼吸する。肺いっぱいに冷えて湿った酸素を取り込んだ。
「雨が降るとちょっと冷えるなあ」
背中が痛み、肌寒いな、彼女も寒いかなと思って独りごちた。
彼女の体温はどんな風に温かいだろう?
イカン!と思い直して、窓を閉めて振り向き、俯く彼女を見て思い出す。
牛乳!
慌てて台所へ牛乳を取りに行った。
冷蔵庫の低い音が響くほどこの家の中は静かだ。

オレも飲まないと彼女も飲み難いんだという事にやっと気付いて
椅子に腰掛けてコーヒーを飲んだ。
視線を感じる。とても熱い視線を…
何かお茶菓子があるといいんだけど、と言おうとして彼女を見た途端、茶菓子の事など吹き飛んでしまった。
瞳がまん丸になって中心にオレが映っている。
頬は薔薇色、唇はツヤツヤのピンクでほんの少し開いていた。
そんな顔で、まるで惚れた男を見るような、そんな顔でオレを見るなんて!
なけなしの理性を掻き集めようと歯を喰いしばる。
だのに……
気がついたら立ち上がって中腰になってその唇にそっと触れていた。
彼女の温かい吐息が冷えた身体に心地良かった。
思わず華奢だが少し丸みを帯びた肩を抱き寄せた。
忍特有の強靭な筋肉の上に脂肪が薄くついている。
「…ああ、やっぱりあたたかい。気持ちいいな」
全身が彼女のチャクラに包まれる心地良さに思わずそう呟いた。
「ごめん、少しだけこのままで…」
彼女が怒り出さないのを良いことにオレはそう願い出た。
「…はい」
承諾の返事をくれた彼女の手が、背中の傷痕の上に重なる。
なんて、あたたかい なんて、やわらかでやさしい……
人肌のぬくもりにオレは涙が出そうになった。
この想いは必ず彼女に伝えなければ!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。