So-net無料ブログ作成
検索選択

雛 [SS]

本日の妄想:イルカ先生はなんであの髪型なんでしょ?
髪が結えるほど長い忍は奈良家と日向家とイノパパ、自来也、他に誰? あ、大蛇丸は別にして。
捏造三昧です。しかも少々大人風味だからご注意を。それでもよろしければ続きをどうぞ・・・

 

       -雛-

お雛様を片付けなきゃ・・・って言ったらイルカさんが手伝うよって言ってくれた。
大名や高官たちの雛人形の出し入れは忍に任される事が多いのでお手の物らしい。
私のはそんなに立派な雛人形ではないけれど。
御髪が乱れないように注意しながらお顔に和紙を巻いていく手つきとか、
お道具ひとつひとつを慎重に毛ばたきをかけていく丁寧さだとか、
流石、忍者ね というかこれってイルカさんならでは なのかしら・・・・
結局、私の出る幕なんて無いに等しいほど全ての作業をイルカさんにお任せした。
「じゃ、また、来年。それまでおやすみ」
防虫剤を入れるとイルカさんは雛人形にそう言って桐の箱の蓋を閉める。
一式を入れた段ボールの箱をクローゼットの上に仕舞ってくれた。

「任務のお代、お支払いしなきゃね」
「ハハハ、旨い晩飯喰わせてくれればそれでいいさ」
何もしていない私もイルカさんと一緒にお茶を飲みながら休憩する。
「ウチにもあったんだよ、雛人形。九尾の事件で家が焼けちまったからもう無いけど」
イルカさんがぽつりと言った。
「母ちゃんのだったけどな。でも、ガキの頃はオレのだと思ってた」
「え~?イルカさんお雛様が好きだったの?」
「ハハハハ、可笑しいだろ?男なのにな」
笑いながらそう言ったイルカさんの眉が下がる。
可笑しい筈なのになんだか辛そうに見える。
「・・・・オレの両親は本当は女の子が欲しかったらしいんだ」
うそ、やだ、そんな事言わないでよ。
貴方が女だったらこんな関係有り得ないじゃないの。
「だから物心がつく前から髪を伸ばさせられたんだ」
「・・・・ほんとに?」
「ああ、いつも言ってたよ、次は絶対女の子が欲しいって。でもそれも叶わぬ夢だったけどな」
イルカさんのご両親が九尾の妖狐の事件で亡くなられた事は聞いていたけど。
だけども、こんな、自分を否定するような事をイルカさんの口から聞きたくないわ・・・・
「でも、私はイルカさんが男の人で良かった。男の人じゃないと困るもの」
貴方は貴方の儘でいいの、それが一番素敵なの・・・そう伝えたいのに言葉が見つからない。
「・・・だよな?でなきゃ、えっちできないもんなあ?」
イルカさんが笑いながら私の首の付け根やわき腹をくすぐった。
どうしようもなくくすぐったくて、床に転んでケタケタ笑いが止まらない。
「あー、も、も、もうやめてー。そうじゃなくて、もう!イルカさんてば、もう!聞いてるの?」
尚も擽り続ける器用な手から逃れようとジタバタして、息も絶え絶えにイルカさんに訴えた。
「・・・ああ、聞いてる。お前の言いたい事、解ってるよ」
イルカさんもゴロンと横になり腕枕で抱きしめながら額に優しいキスをくれる。
わかってるって言うけど、私の気持ちをホントに解ってる?
イルカさんは好きだとか愛してるとか、そういう事はあまり言ってくれない。
言ってくれるのは、たまにベッドの中でだけ。
常日頃からずっと言ってくれる男の人も居るらしいけど、あまり言われると有り難味が薄れるかもね。
イルカさんはそういうんじゃないから、私が言っちゃうのかなあ。
なんか、私ばっかり好きみたいで悔しいけどね。
「・・・私は、全部好きだからね。その髪も鼻の疵も笑窪も、仕草も匂いも。
全部が全部、丸ごとイルカさんなんだから、だから好きなのよ?」
「ああ、うん、ありがとう」
イルカさん、耳まで赤くなってる。
「イルカさんが女の人だったら、私、本当に困るわ」
「・・・・でもさ、髪の毛が長い方がいい時もあるんだぜ。野営が続いて寒い時には下ろせば温いし。
それに、ほら、あの時、な? おまえ、その方が感じるって言ってたろ?
毛先が首とか骨盤に当たったら、イイって言ってたよな?」
・・・・自分が好きだと言わないもんだから私に言われると照れまくって、
照れ隠しに好きだというよりもっとずっと恥ずかしい事言ってるよ、イルカさん?
そんな事、真っ赤な顔して言うもんじゃないわよ・・・・
愛おしくて仕方なくなるじゃないの。

 


                        イルカ先生はそんな事言いません!偽者です、きっと(笑)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。