So-net無料ブログ作成
検索選択

吹き出物 [SS]

本日の妄想:イルカさんは十代の頃はニキビ少年でした。ニキビは青春のシンボルさ!
モミアゲの前あたりと顔と首の境目にアバタがあります。アバタは青春の燃えカスさ!
バレンタインデーの続き。痘痕も笑窪ってことで。

     -吹き出物

学期末に向けて忙しいイルカさんは、近頃家に仕事を持ち帰っている。
外で食事する時間が勿体無いからと、大抵はイルカさんの家で何か作って二人で食べて、
その後は私なんていないみたいに閻魔帳と資料と通知表と睨めっこ。
いいけどね、もう慣れたよ。
私は私で、次の任務の下調べや用意をイルカさんの邪魔をしないようにしてやってる。
「お疲れ。なあ、ちょっと休憩しよう」
イルカさんがコーヒーと一緒に色んなチョコレートを運んで来てくれた。
「・・これ、こないだの?」
「ああ。どんな味だったか訊かれて答えられないと困るからな。協力してくれるよな?」
イヤだとも言えず、もそもそとチョコ食べる。
まあ元々好きだからイヤなんて言う必要ないけど。
「うわ、すごっ!焼酎入ってる」「これ苦手。ミントなんて歯磨きみたい」「あんま~い。甘すぎっ」
私は次々と箱を開けてチョコ評論家みたいに好きなこと言いながら食べているけど、
イルカさんは黙々とトリュフを食べ続けている。
それって・・・・・私の作ったチョコよね?
私が一通り食べ終わった頃、イルカさんも食べ終わっていた。
「旨かったよ、ありがとうな」
イルカさんはそう言うとニカッと笑って続けた。
「お前今日はもう帰れ。送ってくから」
・・・・・・いいけどね。
さよならのキスをして、私が家の鍵をかけるのを確認すると、イルカさんが全力疾走して行く気配。
なんか必死なんだけど、なんでだろ?
次の日、イルカさんの顔を見て納得する。
すっごい吹き出物!
そうよね、若い頃のニキビの痕が少し残ってるもの、出来やすい体質なのかも。
しかも、吹き出物の所為で髭剃り失敗してるの。所々血が出てて痛々しい。
もしかしてちょっとでもカロリー消費しようとして走ってたの?
だったらちょっと可愛いんだけど・・・・・ていうか、消費、協力したのに。



                               ・・・・・・・・ムフ腐ッ!  

    


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。